読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家の母の日2017

今年も母の日がやってきた・・・

私や夫はそれぞれの母親に、少し現金を送っておしまいにしている。

 

おととしか昨年くらいから、ううちゃんが保育園で制作したカーネーションをもって帰ってきて、渡してくれるようになった。

 

Facebookなどで、私の友達が

「母の日なので旦那が外食に連れて行ってくれた」

などと書いていて、それを見るたびに、

「旦那さんの母じゃないんだよね~」

と思ってしまい、夫のお~さんが「母の日何食べたい?」と聞いてきた時、

私「ううちゃんやしいちゃんが自分から

”母の日、何かしよう”

って思った時の初めての母の日を味わいたいので、

お~さんは子供発の案じゃない限り、できるだけ動かないで欲しい」

とお願いした。

 

ので、母の日だからといってこれといったイベント的なものは何も無いで、

ただの日曜日な母の日を、この5年過ごしてきた。

このままずーっと母の日に何もなくても全く買いまいません。

私はあなたたちが欲しくて、産みたくて産んだので、

感謝されたいんじゃなくて、こちらが生まれてくれたことに感謝です!

 

 

今年、ううちゃんはさすがに母の日がわかっている様子。

 

母の日の前の週、

保育園から帰るなり、ううちゃんにこう言われたた。

 

う「お母さん、来週ね、びっくりなことがあるよ♪」

私「え・・・びっくりなことは言っちゃったら台無しなのでは?」

う「台無しってなに?」

私「例えば、びっくりなことがびっくりしなくなっちゃって

  意味がなくなっちゃうとか。

  しようと思ったことがダメになっちゃうってこと。」

う「あー大丈夫だよ!プレゼントがあるんだあ♪」

私「(やっぱり!)・・・お母さん、物はいらないよ?」

 

私はプレゼントの物をもらうのが苦手。

子供たちにも、誕生日や母の日にプレゼントじゃなくて、おめでとうって言ってもらうだけでいいと思っている。

 

う「んー、写真とったら捨てていいよ(汗)」

私「捨てるって(汗) そこまで言う?」

う「うん!いいの!」

 

というやりとりをしたのが、先週。

そして母の日がある週末。

 

金曜日に帰ってきたとたん、花紙で作ったカーネーションを渡された!

やっぱし!

でもこれはこれでやっぱり嬉しい。

 

お~さんが荷物を持ってくれている時にお花に気づかず、つぶしてしまったみたいで、ううちゃんはちょっとお父さんにブーたれながら、少し体裁を整えたあと、そのお花を

う「はい♪」

と私に差し出した。

 

ありがとう、あ、メッセージがついてる・・・

 

「お、か、さ、ん、ありがとう✩」

 

おかあさんじゃなくておかさんになってる・・・

そこにつっこみを入れつつ、ありがとうーと受け取った。

 

 

そして、そのお花を写真までは綺麗にしておきたいのと、しばらくは大事にとっておきたくて、パソコンの上においておいた。 

 

気が付くと、部屋の中でずっとそれが目につくようになって、

しいちゃんがずーっともって遊んでいる!

 

ああああああ 形が悪くなりそう

返してーと言ってるけど、なかなかいうことを聞いてくれない。

元の場所に戻してもまた持っていく・・・

 

早く写真とっちゃわないと。

ううちゃんと私とで撮ってもらおう。

 

 

私が小学生の頃、母にプレゼントと手紙を渡した時に、

ありがとうと言いつつ、母が全然喜んでいる感じがない記憶があって

何か私が悪かったかな?と思ったことがある。

 

母も、物がいらなかったのかな?

と思ったけど、最近、あるニュースを見た。

ある女性が「母は、いいものじゃないと喜ばないので、姉とお金を出し合って、ある程度の金額以上のものにするように気をつけています」というもの。

母はこれだったのかな・・・?

 

私は高価とか関係なく、物が欲しくない。

消耗品はまだいいけど・・・

あと、娘たちに「お母さんは値段の張る物じゃないと喜ばない」と思われないようにしなきゃ、とちょっと思ったのでした。

 

そして・・・写真撮ったからってやっぱり捨てられないよー!

しばらくは飾っておきます・・・ありがとう、ううちゃん。