読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリン作ろう

完全に「キラキラプリキュアアラモード」の影響で、

ううちゃん(5歳上の子)が、

う「プリン作りたい!」

と言い出した。

 

ええー面倒くさい、と思いつつ、

プリンて材料が少なくていいかも?と思い直した。

牛乳・卵・砂糖。これは全部うちにある。

なんなら、バニラエッセンスもあるし。

 

それからなんだかんだ、2回作った。

どちらも、数字が読めるようになったううちゃんに、

お砂糖などの軽量、卵を割って解きほぐす、牛乳をカップで測って入れる、混ぜるなど全部やってもらった。

 

1回目は、6個分できる分量で作ったら、

なんと途中でボウルを傾けてしまい卵液が半分くらいこぼれてしまった!

 

床にひろがる、卵と牛乳が混ざったそれを呆然と眺めるううちゃん。

 

私「あーまあ、残ったのでも大丈夫だよ。4つくらい作れるよきっと」

なだめつつ、頭の中は

 

あああああああああああああ

これどうすんの拭くしかないけど、

卵と牛乳だなんてこぼしたくないものツートップだろおおおおおおおおお

 

でも頑張って作ってるううちゃんが可愛そう。

 

と思って心の中だけで叫んだ。

 

それにしてもプリンで良かった。

生地が少なくなっても、型に入れるのを減らせば済むだけだから。

 

ケーキとかだったら、卵がこうなったら小麦粉の分量がわからなくなるところだった。

 

1回目はプリンのカップがなく、急遽、間に合わせのグラスで対応。 

それで、プリンをそれぞれのグラスに注ぎ、湯煎で加熱して、完成。

一個、耐熱じゃないグラスだったのか、

もしくは、加熱後急冷したのがまずかったのか、

冷やした水からグラスを持ち上げた時、底がなく、水中にプリンが浮いた・・・

グラスの底が割れて、中身が出ちゃったのだ!

 

これを見ても、ううちゃん唖然としてた。

 

生き残ったプリンたちは結構ちゃんとできてて、

甘さ控えめ、結構美味しかった!

 

それでまた作ろう!ってなって、

2回目はプリン専用のカップを買ってきて使った。

 

今回は、ボウルもひっくり返さないように、

ガラスの大きなものを使い、濡れ布巾で滑り止めもして

こぼすことなく、つつがなく最後まで作れた。

 

加熱の時、お鍋にいれてお湯を沸騰させていたんだけど、

その間10分。

う「ずっと見てていい?」

と言って、見てても何か変わるわけでもないのに、ううちゃんはプリンを湯煎しているそばにいた。

 

ケーキとかなら、スポンジ焼けて膨らんできた♪とかあるけどね・・・

プリンは蓋もしちゃってるしね。

 

そして出来上がった熱々を食べようというので、

それは美味しくないかも、と言って散歩などに出かけて、

帰宅しておやつ♪とした。

 

市販のプリンをあまり食べてくれないしいちゃん(2歳下の子)も、

パクパク食べてくれて、美味しかったみたい。

 

手作りってやっぱり違うのかな。

このあと、ケーキを作ることになりました。

 

娘とお菓子作りって夢だったんだけど

・・・これなのかな?

 

なんかあっという間に終わってしまったー!

以前はクッキーの生地を作っておいて、型抜きからしたけど・・・

お菓子作りしておやつタイムって最高^^