読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘を言ってすみませんでした。

朝、なかなかううちゃん(上の子)は起きない。

ゆすっても大きな音を出しても起きない。

これはお父さんと似てる。

 

しいちゃん(下の子)は、朝起こすと、目をつぶったままでも

上半身は起こし、私(母)をみて、おはよう、といってくれる。

これは、私と似ている。

 

姉妹の寝起きの態度は対照的。

 

ううちゃんの起きなさは毎回困ってて、

音を大きくしてテレビをつけても布団から見いってしまい、

そのまま動かなくて、

怒っても何しても起きないので、

最近はちょっと発想を変えて、朝からめちゃめちゃかわいがってみている。

すると、お互い気持ちよく朝ごはんに移行できることがわかった。

 

ある日の、そのかわいがる会話の中で、母はある作り話を持ち出した。

 

「ううちゃんはさ、赤ちゃんで生まれる前に、空の上にいて、

”あのお父さんとお母さんのところがいいな!”って選んでこの家族のところに来てくれたんだよ。

お母さんのところに来てくれてありがとう♪」

 

ぱーっと明るい顔になり、へえ~と嬉しそうなううちゃん。

 

さささ、いい流れだ。

朝ごはんを食べるために食卓についてくれ~・・・

 

と思った瞬間。

横できいていたしいちゃんが、突然、

 

「それ、ちがうよ!」

 

と口を挟んだ。

あまりに大きい声できっぱり言うので、父と母はびっくり。

 

確かに、嘘だけどね?

でもそういう物語もあるんだよ。

さ、いーからいーから。

 

父も母も笑ったので、連絡帳に書いたら、

先生もウケてくれました。

 

しいちゃん、現実的な子になるのかなあ・・・(笑)