読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦喧嘩の時の子供たちの反応

夫婦である予定について話し合っているうちに、

ある件の役割分担についてどっちもどっちな言い合いになってきて、

お~さん(夫)が、

お「好きにすれば?何を言おうがそうしたいんでしょ?お好きにどうぞ」

と嫌味な言い方をしてきたので、

私「その言い方!

とつい、大声で反応してしまい、段々と声が大きくなってしまった。

 

ううちゃん(5歳姉)は、声が大きくなった時点で

う「はいはい、喧嘩しないの~」

と間に入り始めた。

テレビが聞こえなくて、テレビに近寄ってもいた(笑)

 

その後、すぐ泣く私。

日頃から、子どもたちに、

「思い通りにならない時に泣いてもわからないよ。

 言葉で伝えなきゃ相手はわからないんだから。

 何が困ってるか、ちゃんと言ってみて?」

などと教えているため、涙がでつつ、意見をお~さんに言い続ける私。

 

すると、しいちゃん(2歳妹)が、私の目の前に顔を寄せて、

私の目をがっつりのぞきつつ、

し「目、赤いね?」

私「そっか?泣いてるからね。 

  (おーさんに対し)だからね、それは・・・」

し「お母さん、泣いてるの?」

私「(おーさんに対し)そういう意味で言ってるわけじゃないじゃん(涙)

  (しいちゃんに対し)そうなの、泣いてるの」

し「泣かないで?」

私「しいちゃん、ちょっとお母さん、お父さんと話してるから待ってて」

 

話が混戦して、泣いてるのに笑えるし、ムカつくし。

 

しいちゃんは、ティッシュを持って、私のもとへ戻ってきた。

し「はい♪ どうぞ~♪ ありがとうは?」

私「(おーさんへの話を止めて)・・う、うん、ありがとう」

差し出されたティッシュで涙を拭きつつ、話のテンポを乱される私。

 

さらに、話していても、しいちゃんの質問攻めは続き、

し「お母さん、さみしいの?」

し「お母さん、泣かないで?」

と、目を覗き込んできて、ずっと顔が近すぎ・・・。

 

話は一旦終わり、みんなで就寝。

 

そして翌朝。

私からお~さんに話しかけると、ちょっとむすっとしているのか、

または気まずいのか、距離感があったので、

私「昨日は、真剣考えてくれたから、ああいう話になったんだよね?

  ありがとう」

と伝えてみた。そして仲直り。

 

いつもの朝よりちょっとそっけないけど、一瞬夫婦でハグをしたら、

しいちゃんが一言。

 

し「しあわせなの? ねえ、しあわせなの?」

 

というので笑ってしまった。

 

昨夜の喧々囂々のときは、2歳児、どう思ったんだろう?

前は喧嘩しないでってもっと全力で止めに来ていたううちゃんも、

あんまり気にしていないようで、何も言ってこなかった。

 

親が喧嘩してると嫌だよね・・・

でも家族っていろいろあるんだよ。

 

でも「しあわせなの?」の質問に、さらに仲直りを加速させてもらったかな。

ありがとう、しいちゃん。